ARCUS

逃げるは恥でも何でもない

  • 2019年01月11日
  • ブログ

2019年も10日が過ぎましたね。
皆様にとっては、どんな年末年始でしたか?

私は身内のごたごたに巻き込まれ
「あ~あ、波乱万丈ってこんなことなんだ。最悪!」
残念ながら、そんな年末年始でしたよ(笑)

いや、全然笑えないけど…
ストレスで、不正出血が始まり、いや~血を吐くほど、血の涙を流すほど私の子宮は悲しんでいる。苦しんでいる。
身体と心って、ほんとに密接に繋がっているんだなと改めて実感したとこでした。
私には、精神的ダメージは、子宮にくるんですね、やっぱり…

ストレスの原因からあえて「逃げてみる」

私のストレスの原因は、身内の不仲です。
あんまり公にしたくはない話だけど、皆さんの中にもあるでしょ。
嫁と姑とか。母(父)と子とか。兄弟とか、はたまた夫婦間とか。

母が亡くなってから、父はパートナーを失ったという立場で悲しみ
私達兄弟は、母を失ったという立場で悲しみ、苦しみました。

皆、傷つき悲しみ、でも、母と一緒に過ごしてきた時間も密度もそれぞれで、パートナーを失った父の苦しさは察することはできても、味わうことはできません。

それは、反対も一緒。97歳の母親がまだ元気でいる父には、こんなに若くで母親を失った私達子供の苦しさはわからない。

お互い、そんなもんですよね。
夫婦だってそう。友人関係だってそう。
当事者にならないとわからないものがいっぱいある。
だからこそ、人は「思いやる」って気持ちが大事なんじゃないかと。
「寄り添う」って気持ちが必要なんじゃないかな。

そんな父と、兄弟の間に挟まれ、私はただただ仲良くしてほしいと思ってましたが、そこがぶつかる度に、私は傷つき苦しむわけ。

母がそれを一番心配していたから。
母が「頼むね」と言ってたから。
「お母さん、ごめん。なんでこんな風になっちゃうんだろ」
と無性に自分の無力さが情けなくなり、自分を責めてしまい…

んで、子宮から出血…。
もちろん、生理ではありませんよ。
もう、露骨にストレスで出血。

そりゃ、家族が仲良くするのは理想で、そうでありたいけど、
私が間に入って…と思ってたけど、

あ~、ここがお互いを認めあう、思いあえることはない

そう、もう気付いた!(笑)

父だって兄弟だって、自分の子供や旦那さんは皆私からしたら個々に大事な人達です。
それぞれに愛情があります。
皆が笑顔で食卓を囲めたらそれだけで嬉しい。
ほんとはそうしたい。

でも、まず私の「家族は仲良くあるべき、助け合うべき」
「~べき」を消去することにしました。
自分の固定観念の中で物を見たら、余計苦しくなるから。
相手を変えるより、自分が変わる方が手っ取り早い。

そして、ストレスの原因となるものが分かっている場合、

  • 「そこに近づかない」
  • 「そこから逃げる」

体質改善のカウンセリングを受ける際も、よく皆様に言いますがストレスの原因が自分で把握できている場合は、ストレスに対しての対処療法を考えるより、原因に対してを考える方がいい。

そんなこんなで、私は父達がいつもケンカになる家族会から距離をおくことにしました。

頭の中では色々気になりながらも、今までの行動パターンを切り替えシンプルに自分の心がどうしたいか、身体がどうありたいかを何度も何度も対話しています。

でも、宇宙の法則は表裏一体

でもね、陰陽の法則「幸せ引き寄せ術」では、問題の発生には必ず終息があります。表と裏で一体。悪いこともあればいいこともある。
ううん、悪くも良くも、それがいい。それでいい。

大きく反乱のエネルギー(陰)が渦巻いていれば、大きくそれに対しての正義のエネルギー(陽)がある。
それには、

  • 「時間」かもしれない。 = 時間がかかる。
  • 「摩擦」かもしれない。 = ぶつかるということ。

今ココの私は、目の前の渦巻きのどん底で心だけでなく身体も傷めてしまって
いや~、まだまだ修行が足りないなと思いますが、これは残された家族、兄弟が越えるべき大きなミッションであることも知っています。

だから、気持ちを切り替えて、ただただ宇宙の気流に先に上昇して上から見守ろうと思います。

皆様の中でも、何かストレスがあれば、まずは自分の「~べき」が自分を余計に苦しめていないかを考えてみて、時にはそれを手放す。
また、そこから離れてみるという選択もたまには必要かもしれませんよ!


講座お問い合わせ・ご質問

  • サロン予約状況やレッスン情報(タイミング合えばすぐ予約とれちゃう!)
  • お友達だけのお得なご案内が欲しい方
  • blogでは書けないあれこれ情報を知りたい方
  • この人結局何してる人なの?と興味がある方(笑)

などなど、ぜひ、LINE@の登録をしてくださいね! メッセージにてお気軽にお問い合わせください。

友だち追加