ARCUS

秋の養生ライフ(アロマ編)

  • 2018年10月01日
  • ブログ

また、今週末台風が来ていますね。
先日の台風では、皆様の地域は、被害はなかったでしょうか?

私の住む宮崎県は、各地で大きな被害が出て
三股町も、停電やあちこち道路が冠水したり、
公園の木々も沢山倒れていました。

我が家も、フェンスが外れたり、庭の木が倒れたり…
ま、色々ありましたが、人間は無事です(笑)

そんな中で、遠方の友人達から、沢山の心配のメールを頂きました。

自分達も大変な中、他人を思いやれるって素晴らしいですよね。 そんな温かい愛に、ほんわかしながら、幸せを感じていたとこです。


さて、10月に入りましたね。
肌に当たる風も肌寒くなってきました。皆さんはお元気ですか?
今日の幸せ引き寄せ術は、「秋の養生方法」のお話しです。

秋は「肺と大腸」が弱りやすい

東洋思想での「肺」は肺・気管支・のど・皮膚・鼻などを支配し
「大腸」は、上行結腸から直腸に至るまでの活動を支配しています。

これらは、空気や水分の循環フィルターなど、バリア機能を担っています。

乾燥したひんやりした秋風が吹いてきたと思ったら、咳がでる、鼻がぐずぐずする、
喉が痛い、乾燥やかゆみ、ぶつぶつの肌荒れ、アレルギー、便秘に下痢に…

なんか、どうも気持ちもやる気がでないとか、妙に寂しさや悲しさがつのる…
そんな身体の不調も、メンタルのダウンも、実は上記に挙げた「肺・大腸系」が弱っているサイン。

肺や大腸を痛めやすい人は、安定感を失いやすく、気が滅入りやすい、
寂しさに襲われやすい、思考が鈍る、感情が起こらない、鬱の様と、これらの特徴があります。
秋という季節に関わらず、そういうのがある方は、普段から、自分の弱い場所として
自覚してケアをするのも良いですね。

これからは紅葉もきれいなので自然の景色を見て心を休めたり、澄んだ空気を思い切り吸って、
肺に清々しく良い気が巡るように、深呼吸を意識されるといいかもしれません。
また、普段もアロマ等を使って深呼吸するのがおススメです。
例えば、ペパーミントを手に取り、ストローで手のお椀から肺へ落とし込むようなイメージで。

他には、森林系のシダーウッドやヒノキ、サイプレスなども良いかと思います。
落ち込んだ気分を上げるには、オレンジなどの柑橘系もよいですね。

私は、ドテラ社のエッセンシャルオイルを愛用していますが、素人さんでも手軽に使えるのが魅力。
また、呼吸器トラブルによいブレンドオイル「イージーエア」といった商品もあるので
この季節や、子供さんで呼吸器が弱く、すぐ咳や鼻水が出るような時は、手元にあるといいですよね!
我が家では、胸に塗ったり、マスクにちょんとつけてあげたりしてます。

そして、肺・大腸の弱りは、「皮膚」にも症状が出ます。
赤いにきびや乾燥のかゆみには、ラベンダー。
じんましんやアトピーなどアレルギー性にはカモミール。
ゼラニウムは、皮脂分泌調整作用もあるのでベタベタ肌にも。
オイルの王様、フランキンセンスは潤いや乾燥からのしわ対策にも。

お手持ちのスキンケアに少し足して使ってみたり、マッサージクリームに足してみたり
難しく考えずに、「気持ちいいなぁ~」「いい香りだな~」を大切にされてくださいね。
香りは、無意識に深呼吸状態にもしてくれますしね。

ショップでもお試しの二ミリ量から販売しているので、ぜひ、気軽に生活に取り入れてみてください!
使い方なども、ご案内しています。

次回は、続きで「食」を中心にした養生ライフをご案内します。


会社名
Life designing Bio works(ビオワークス)
所在地
〒885-0042
宮崎県都城市上長飯町71-1
TEL
090-4482-0579
営業時間
10:30~17:30 日・月休み